シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルでも大相撲中継

モンゴルといえば…と言われたら、今や多くの日本人が「相撲」に関する言葉を発するでしょう。
逆に、モンゴルで「日本といえば…」と言ったら、日本人のそれよりは少ないであろうが、やはり多くのモンゴル人が「相撲」に関する言葉を発することと思われます。

私の住む町にも、町の中心部に下のような看板があって…、
←白鵬です
やはり多くのモンゴル人が日本の大相撲に精通しています。

モンゴル人横綱、白鵬の優勝で幕を閉じた先の秋場所ですが、秋場所の開催期間中、周りのモンゴル人が毎日のように秋場所の話題で盛り上がっていて、モンゴル語がわからないなりにもその会話をなんとなく聞いていると、

「新しいゴーエイドーってのが強いなー」とか、「今場所はアマがいい感じでないの」とか、「ハクホーが昨日も勝ったなー」みたいな感じで、なぜか秋場所情報をかなり詳しく知っていることに気づきました。

スポーツ新聞みたいなのがあって、それをみんなが読んでるというわけでもないし、ネットとかが普及しているような場所でもないのに、一体なぜ?…などと疑問に思っていたんですが、実は…

モンゴルのテレビ局でもNHKの大相撲中継がリアルタイムで放送されているのであった!
←ホラ!

この相撲中継、モンゴルのテレビ各局(5局ぐらい)がそれぞれモンゴル語の同時通訳とモンゴル人解説者をスタジオに招き、場所中は毎日放送されています。


解説者とアナウンサーが控えるスタジオはこんな感じです。


「アキバショ」のエンディングCGも局によって異なり、かなり凝っています。

まぁ、これだけモンゴル人が日本へ行って大活躍してるんだから、不思議ではないわなー。

ちなみに、この放送を何度か見たんですが、「ヨコヅナ」「オーゼキ」みたいな呼称や「ツキダシ」「ウワテナゲ」みたいな決まり手はもちろん、「バショ」「ジュンギョー」をはじめ、果ては「ヘヤ」とか「オヤカタ」に至るまで、ほとんどの相撲用語が日本語のまんま使われていて、モンゴル語解説の合間にこれら日本語の用語が飛び出してくるのがなんか「へぇー」て感じでした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/53-8e60e8a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。