シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリーズ「絵教材」第4回・国が違えば

久しぶりに絵教材について書こうと思います。

これまで、日本語教師としてウズベキスタン、フィリピン、ベトナムと渡り歩き、そして現在赴任中のモンゴルに至るわけですが、各国ごとにオリジナルの絵教材を作り続け、モンゴルでもまた新たに絵教材を描き始めています。

「そんな面倒なことしないで、一回描いたものを使い続ければいいじゃないか」という意見もあろうかと思いますが、それには個人的なこだわりはもちろん、実は国ごとに描き変えなければならない事情というのもあって、例えば下の絵はフィリピンで描いたものですが、



ご覧の通り、動詞「死にます」の絵カードです。
人が倒れ、その魂が昇天する様子を見れば、この絵が「死」を表現していることはたいていの人に理解していただけると思います。

しかし、さかのぼること4年前、これと同様の絵をウズベキスタンの子どもたちに見せたところ、教室にいた子どもたち全員の頭上に「?」マークが浮かび上がりました。

イスラムの国、ウズベキスタンの田舎の子どもたちにとって、「死」→「天に召される」という概念がなかったようで、なかなか理解してもらえなかったという経験があります。

そんなわけで、国や宗教、文化の違いによって物事の捉え方はいろいろあって、そこの文化的背景に応じた絵を描かなければ学生の理解を得られないのです。

そんなわけで、いちばん最近の「死にます」の絵カードがこちら。


とりあえず幽体離脱はお約束として採用し、死にざまの描写を変えてみました。

ちなみに、


これは世界各国どこへいっても「結婚」だと理解してもらえます。

そのほかに、国によって身近なものを描くというのも必要で、たとえば

「乗ります」と「降ります」の絵ですが、フィリピンで描いたものは


フィリピンの交通手段として多くの人が利用しているジープ(ジープニー)の絵を描いてみました。
私が教えていたダバオの学生にとって、上の方の「乗ります降ります」の絵は、普段あまり乗ることのない「長距離バス」なので、それより毎日乗っているジープの絵の方が、親しみがわくってもんです。

…となると、ベトナムではバイク?モンゴルでは「馬」か?
いやいやまてよ、馬の場合「のる」ときは「馬に乗る」だけど、「おりる」ときは「馬をおりる」というより「馬からおりる」だよなー。「馬」の場合は「降りる」というより「下りる」ていう感じだから、やっぱり「乗ります降ります」の絵はマイクロバスかタクシーになるんだろうなー。あ、でも馬車なら大丈夫か?
…などとつまらないことを考えてしまっています。はてさてどうなることやら。

そんなこんなでこの話題についてはいろいろありすぎて長くなってしまうので、最後にひとつだけ最近の話題ですが、まずは下の絵をご覧ください。

動詞「帰ります」の絵カードですが、夜、仕事を終えた人が家に向かう様子を見て「帰宅」を連想していただけると思います。

たとえば授業中、黒板に右のような絵を描いたとします。これまで働いていた国では、この絵を見た学生の口から「うち」または「いえ」という言葉が飛び出すところです。しかし、モンゴルである日の授業中、黒板にこの絵を描いたときに学生の口から出た言葉は「たてもの」。

モンゴル人にとってこれは「たてもの」なのかっ!(間違ってはいないんだけどね)…と、目からウロコだったんですが、ということは、上の「帰ります」の絵を見ても、モンゴルの学生には「夜、建物に向かって歩いている人の絵」 にしか見えないという可能性もあるわけです。

そんなわけであれこれ考えた結果、モンゴル版「帰ります」の絵カードはこうなりました。


モンゴルの夜の街には酔っぱらいが多くて危険なので、明るいうちに家(ゲル)に帰りましょう。

実際に1年生の教室でこの絵を使った結果、別段笑いが巻き起こるわけでもなく、すべての学生がなんの迷いもなく、いたってフツーにサクッと「帰ります」と即答。
これなら文句ねーだろ!

…とにかく、絵教材制作にはゴールなどなく、まだまだ新たな絵を描き続けなければならないということを再認識させられる毎日です。

それにしても、



……シリーズ「絵教材」第5回につづく

コメント

はじめまして。台湾に暮らすtwnと申します。時々小学生に日本語を教えています。絵カードを作りたいと思い、いろいろ探していたら御サイトに辿り着きました。描かれた絵カード、どれも素晴らしいですね!記事もとても楽しく拝見しました。
絵カードにびっくりしたので、初めてながらコメントさせて頂きました。


  • 2007/10/20(土) 20:12:35 |
  • URL |
  • twn #HCI4rwHI
  • [ 編集]

twnさん、コメントいただいていたにもかかわらずシカトしてしまって申し訳ないです。
ここ何日かネットが使えなくなってしまって…。

やっぱり小学生とか年少者に教えるなら絵カードは必須ですよね。お褒めのことばいただきありがとうございます。

これからもちょくちょく覗きにきてくださいませ。

  • 2007/11/09(金) 22:21:29 |
  • URL |
  • ひろ #-
  • [ 編集]

ははは

その絵は「死にます」じゃなくって「殺されました」ですよ!まずいっす。

そうですか。「たてもの」ですかあ。そんなモンゴル文化に脱帽です。

ちなみに私もいろいろこっちに着てから書き直しています。警官や看護士の服装とか、教会のデザインとか。

  • 2007/11/21(水) 20:57:56 |
  • URL |
  • サワムラ #RcwmeM2Q
  • [ 編集]

うーむ…

死にざまを壮絶にしすぎたかー…。

でも、やっぱり国が変われば「あれもこれも描きなおさにゃいかーん」て思いますよね。お互いこれからも行く先々で新作を描いていかなきゃいかんのだろなー。

  • 2007/11/22(木) 20:49:12 |
  • URL |
  • ひろ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/56-4cdb4410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。