シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナランツェツェグです

みなさんお久しぶりです。

しばらくブログの更新をサボっている間に、モンゴルはこんな風になっています。

すでに日本の真冬の寒さを越えました。寒いです。朝晩はマイナスの世界です。

しかし、なんだかんだで3週間近くもブログの更新をサボってしまいましたが、忘れずこのブログを覗いてくださってありがたい限りです。…ていうか、別にサボっていたというわけではないんですがね。

というのも、前回の更新の直後、突然アパートの電話回線が使えなくなって自宅でインターネットできなくなってしまいました。
それでも大学の事務所のパソコンを使えばインターネットできるんですが、私が働いている外国語学部の事務所にはパソコンが一台しかなく、そのパソコンを外国語の先生全員で共有しているので、こんなどーでもいい(?)ブログの更新などのためにそのパソコンを独り占めするなどという暴挙が小心者の私にはできるわけもなく、こんなときに頼りにしていたJICAシニアボランティアで近所に住んでいる日本人のおじさんの家のADSL回線も不調になってしまうというトリプルパンチを食らってしまい、しばらくインターネットのない時代に逆戻りしてしていたというわけです。
あ、ちなみに、私が住んでいる町には何件かのインターネットカフェはありますが、日本語入力はもとより、日本語が表示できるコンピューターなどというものも存在していません。

で、授業準備のための調べものもいろいろしなければいけないし、とにかくアパートの電話回線を復活させなければいかん、というわけで、電話局に問い合わせていろいろ調べてもらった結果、

「2ヶ月間も電話代が未払いだったので電話をとめました」とのこと。

いやいやいや、電話線引いてから3週間ぐらいしか使ってねーって。…と思い、再度確認してみると、どうやら私が入居する前に住んでいた住人が2ヶ月分も電話代を滞納していたらしい。

…まったく、どこのどなたかは存じませんが、発つ鳥あとを濁さないのが美学ってモンですぜ?

しかし、対応にあたってくれた同僚のモンゴル人教師の話によると「電話局へ行けば、自分がいつ誰に電話をかけたのかが確認できるから、それを見た上で自分が使った分だけ電話代を払えばいい」という未確認情報を自信満々に言われたので、とりあえず電話局へ。
窓口で自分ちの住所と電話番号を告げると、応対のおばちゃん「あー、ナランツェツェグさんのお宅ね。滞納してた分も払わないと回線戻さないよ」と、いたってクールにあしらわれてしまいました。

いや、俺「ナランツェツェグ」なんて名前じゃないし、どう見てもモンゴル人には見えんでしょうが。…ていうか、それ以前にナランツェツェグって女の人の名前だろ。

…で、付き添ってくれた学生が何やらいろいろおばちゃんに力説してくれたが、取りつく島なし。
そんなわけでこの日はその学生といっしょに晩メシ食って帰宅。

と、アパートのドアにこんな紙切れが挟まっていて…

3地区12棟78号室、ナランツェツェグさま。2ヶ月分の電話代19,373トゥグルクを払ってくださいな。…ていう内容の督促状(でいいのか?)みたいなものです。

そんでもって翌日、この紙切れもって大学へ。

話し合いの結果、どこのどなたかは存じないナランツェツェグさんの滞納分(13,000トゥグルクぐらい)は大学で払ってくれることになりました。ついでなので「名義はどうしましょう…」というと、「めんどいし、ナランツェツェグのままでいいでしょー。だから先生、これから毎月の電話代を払うときは「ナランツェツェグですけど…」て電話局の人に言って払ってください。」ということになりました。

そんな一悶着があり、なんとかアパートの電話回線が復活。というわけで、今月はたまっているネタの更新強化月間といきたいところですが、実際のところ、またいつネット切断されるかわからないモンゴル生活です。

コメント

いい大学ですね

うちの大学だったら、絶対払ってくれませんよ。大学職員のミスや怠慢で外国人登録が遅れて罰金になったってだめでしょうね・・・

ちなみにうちのアパートも時々電話が不通になりますが、大抵、大家の電話代滞納が原因です。

  • 2007/11/15(木) 18:42:26 |
  • URL |
  • すなしん #-
  • [ 編集]

いやいや、実は後日談ですが、「大学が払うから」と言われてとりあえず立て替えて、大学の担当のヒトに領収書を渡して1週間、何の音沙汰もありませんでしたよ。追求しなかったらそのまま忘れ去られていたことでしょう。
それなら最初から払わない姿勢を見せたほうがかえって気持ちいいような気もします。

あ、ハナシ変わりますが、すなしんさんが夏に敦煌で会ったというダルハンの協力隊員の女性に先日会いましたよ。
彼女は今度の6月で帰国だそうです。その前にぜひこちらにも遊びに来てくださいな。

  • 2007/11/16(金) 10:39:29 |
  • URL |
  • ひろ #-
  • [ 編集]

ダバオでも

マイキーがすんでた部屋でも同じ問題がありましたな。電話引こうとしたら、前の住人が電話代滞納しててブラックリストに載っててひけなかった、ってやつ。
ちなみに前の住人の名誉のために言っておきますと、滞納していたのは住人ではなく、大家さんの娘です。滞納っていうか、着服ですね。

ところで、フィリピンにいたころは「あつい国の人はもともとあんまし働かなくても喰えるから、働き者じゃない」的な理解があったような気がしますが、寒い国にきてみて、その理論がくずれかかっています。そっちはどうですか?

  • 2007/11/21(水) 21:08:13 |
  • URL |
  • サワムラ #RcwmeM2Q
  • [ 編集]

へぇー。ダバオでもそんなことあったんだ。でも俺も1年目に住んでた家、家庭内の金銭トラブルみたいなもんが原因で引っ越したし、まぁありうる話ですな。

ちなみにモンゴル人、一見すると「女が外で働き、男は草原で日がな一日酒を飲んでる」みたいなイメージだけど、よくよく見てみると男の仕事は家畜の世話とかその他の肉体労働だから、まぁ働き者と言えば働き者なんだと思う。でも、結局その家畜も冬の食糧にしてしまうし、ガテン系の連中も真冬は休業してしまうわけで、ということは、冬の間はなーんもしない男がけっこう多いらしい。(無計画に金を酒につぎこんで瀬戸際生活してる連中も多いけど。)
たぶん寒い国の人は「アリのような性格のキリギリス」が多いんじゃないかと思う。(アリ3:キリギリス7ぐらいか?)

  • 2007/11/22(木) 20:49:33 |
  • URL |
  • ひろ #-
  • [ 編集]

こりゃ面白いブログだ!
・・・と興奮してしまいました。
実は私、モンゴルには8年ほどいて、今度ベトナムに行くんですよ。ベトナム関連のエントリーもじっくり読ませていただきます。

  • 2007/12/22(土) 05:45:09 |
  • URL |
  • むらかみ #mQop/nM.
  • [ 編集]

むらかみさん、ようこそ。
お気づきかもしれませんが、むらかみさんのブログに一度だけコメント書いたこと、あります。おかげさまでエルデネットでの生活は順調です。

このブログ、ベトナムにいた当時から今まで、つたない文章ながらもこんな感じでゆるゆると続けています。

なんか個人的に思ったことばかり書いているのであまり有用な情報はありませんが、どうぞごひいきに。

  • 2007/12/22(土) 10:43:34 |
  • URL |
  • ひろ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/57-9608c55e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。