シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たっぷり2時間カーニャック

いやはや、前回の記事で「更新強化月間」などと言っておきながら、なんだか仕事に追われてしまい、いろいろ書こうと思っていたこともすっかり季節外れのネタになってしまい、そんなこんなで1週間も経ってしまいました。

しかし、ゆるゆるだらだらと続けてきたこのブログも、思えばそろそろ1年になろうとしています。…ということは、ちょうどベトナム赴任と同時にはじめたわけだから、一年前の今頃はベトナム出発の準備に大わらわで、それを考えるとなんかいろいろあった一年だったなぁと改めて思います 。
ベトナムでの任期は1年だったので、当初の予定では今ごろ同僚の先生たちと「いやぁ、一年間おつかれさまでしたー。どうしましょう、契約更新しますか?」みたいな会話が交わされてもおかしくなかったんでしょうが、私と同時期にベトナムに渡った日本人教師(私も含めて3名)は、全員が任期終了を待たずにそれぞれが「帰国」「ホーチミン市内で転職」「別の国に赴任」という道を選択。いやぁ、人生何があるかわからんもんですなぁ…。

しかし、なんだかんだ言って私自身もベトナムという国は好きだし、こうして冬のモンゴルにいると、やはり熱帯の国が懐かしく思い出されるというのも事実。…うーん、みんな元気かなぁ。

で、どうせ外は寒いから休日などは必要な買い物や特別な用事がない限りはアパートに引きこもっていて時間もあるし、書くだけ書いてまだ公表していないベトナムのネタもあるので、そんなのもこれからもときどき書いていこうと思います。

そんなわけで今回は、モンゴルのお話はちょっとお休み。
今は昔のベトナムの話でお茶を濁してしまいます。

いまから4ヶ月ほど前になりますが、ベトナムでの滞在日数も残り少なくなったある日、とにかくベトナムにいるうちに行っておきたい場所、見ておきたいものを時間の許す限り片っ端から見ていく計画を実行していました。
そのなかでも「どうしても見逃すわけにゃいかん」と思っていたものの一つに「Ca Nhac(カーニャック)」というものがありました。

カーニャックとは、平たく言ってしまえば「歌謡ショー」なんですが、ホーチミン市内を歩いているとそこかしこに会場があり、平日も休日もかまわず毎晩行われております。歌謡ショーと言っても、出演するのは歌手だけでなく、コント集団などによる演目もあってなかなかバラエティに富んだもので、ベトナムにおける人気大衆娯楽の一つとして位置づけられています。

会場には昼間のうちからその日の出演者の顔写真入り看板が掲げられ、特に週末になると有名歌手、大物歌手が多く出演するということもあり、チケットも少々割高になっています。


夕方になると、会場前には様々な露店が並び、徐々に開演前のにぎわいを見せ始めます。


6時半ごろ、入り口横のチケット窓口がオープン。チケットを購入し、会場へ。客席に座っている人はまばら。「ここでホントに魅惑の歌謡ステージが繰り広げられるのか?」と、軽く疑ってしまいたくなるほど空席が目立つ淋しい会場っぷり。しかし、このカーニャック会場、さすがに市の中心部の大通りに面したところにある野外ステージだけあって、開場直後こそ閑散としていましたが、徐々に人々が集まり、開演直前にはかなりの集客力を見せつけていました。
そんなこんなで7時45分、いよいよショーの開演です。

司会進行のお姉さんがなにやら簡単な挨拶をしたあと出演歌手の紹介。

まずはバックダンサーを率いた若手男性アイドルが登場し、さほどうまいとも思えない歌と踊りでとりあえず会場を暖めます。

で、その後は歌あり踊りあり、笑いありとバラエティに富んだステージが繰り広げられます。


私が見たのは土曜日のステージだったので、現在売り出し中の若手女性シンガーとか、小学生ぐらいの女の子の間で人気のアイドルが出てきたりしてかなり豪華なステージ。しかも、トリをつとめたのは歌って踊れて笑いも取れるベトナムの超大物歌手「Ngoc Son(ゴックソン)」が登場。
2時間強のステージで15組のパフォーマンスが休みなく続き、これでたったの35000ドン(250円くらい)はかなりお得ですよ。

しかし…、しかしである。
どうしても気になってしまうことがただひとつ。

……観客の反応。

なんか、客席に座っているみんなが「じぃっ」とステージを凝視し、まったく盛り上がりを見せません。
ステージで歌っているのはそれなりに有名な人気歌手だったりするのに、客席からは「ワー」とか「キャー」とか「イエー」とか「カーく~ん♡」みたいな黄色い声援が飛び交うこともなし。艶っぽい女性歌手がボディコンシャスなドレスに身を包み、腰をクネクネさせながら歌っても、お父さんがたが鼻の下を伸ばしてステージに釘付けになってしまい、隣に座っているお母さんに腕をつねられ「イテテ」となるようなこともなし。そればかりか、ステージの上では「芸能人」が歌い踊っているというのに、遅れて会場に入った客は腰をかがめるなどの配慮もなく堂々とステージ前を素通り。
挙げ句、ステージには目もくれず一心不乱にメシ食ってるヤツとかもいる始末。

ベトナム歴の浅い日本人が見ても、テレビで何度か見たことのある歌手だったり、ラジオでよく聞く歌なんかが歌われているのにも関わらず、客席の反応を見るとまるで「町内会のカラオケ大会」のようなテンションの低さ。

それでもベトナム人てのは歌を聴くのも好きだし、カラオケも好きだし、この手のライブ鑑賞なんかも好きなんだけど、やっぱりこういうところで「社会主義的感性」みたいなものが出てしまうんでしょうか…。

あ、ついでにもうひとつ「なんか社会主義的」だなーと思ったのが、

ショーが繰り広げられている舞台の後ろの「銃」のデザイン。なかなかニクいセンスしてます。

しかし、毎晩2時間たっぷり繰り広げられるこのカーニャック、私自信もどうして最後の最後になるまで行かなかったんだろうと後悔するくらい、隠れたベトナム観光スポットとしての魅力満載なので、ベトナムに行く機会がある方はぜひ会場に足をお運びくださいませ。

コメント

感慨深いですね

11月になって、1年を思い起こすことが多いです。ほんといろんなことがあった気がします!
私はあれからバイトもいろいろして、いろんな職場環境を経験しましたが、やっぱりあの環境は特殊すぎだったと確信(笑)
Hiroさん、今の学校がよさそうで、何よりです。ぜひぜひ楽しい教師生活を送ってくださいね!
HCMと気温差がすでに30℃以上あるんでしょね!信じられない!!

歌謡ショー、行ったことがあるけど、やっぱり観客が無反応なのは摩訶不思議ですよね。
ちなみに先週有名なS日本語学校の文化祭にいったら、観客の学生たちは大歓声でしたよv-82
知っている人に対しては、はじけるのかな・・?

  • 2007/11/19(月) 00:46:43 |
  • URL |
  • とりちゃん #-
  • [ 編集]

この一年は…

ほんと、いろいろあったよね。
節目節目で振り返ると、「終わってみればあっという間」みたいなことの方が多いのが常だと思ってたけど、なんか一年前がホントに遠い過去のように思えるよなー。

ベトナムはもう雨季も明けてこれから旧正月あたりまで過ごしやすい季節になってるころだよね。こっちとの気温差はすでに40度ぐらい。
でも、OMOとかLiptonとか、ベトナムプロダクツのものがそのままベトナム語のパッケージで売られたりもしてて、なんか不思議なつながりを感じてます。

ちなみに、モンゴル人もわりと無表情でステージ鑑賞してて、なんかベトナム人と共通する部分あります。

  • 2007/11/20(火) 02:00:30 |
  • URL |
  • ひろ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/58-3dcf3bf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。