シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すきまテープ

突然ですが、右の写真は私の部屋です。
モンゴルで生活するにあたって、大学側から提供されたアパートです。

ごらんの通り、窓の下に「パール」と呼ばれる暖房が設置されており、9月中旬ごろから暖房がつけられ、冬でも暖かくすごせるようになっています。
暖房がつきはじめた9月、日中などは窓を開けておかなければ息もできないほど熱くなるようなときもありましたが、寒さが厳しくなるにつれ、底知れないパワーを発揮してくれています。

が、最近、どうも足下に冷たい空気が流れていることに気づき、よくよく調べてみると、窓の左下あたりに小さな穴(左写真参照)があり、ここからすきま風が入り込んでいたことが発覚しました。

すでに日中でも外気がマイナスになる日が増え、これからますます寒くなるというのに、これを放っておいたらさすがにヤバいだろー、ということで、このことを学生に話したら、「先生、それは早く直さないと、真冬になったら大変なことになりますよ。」と真顔で言われてしまい、早速、うちの近所にある建材屋へ行ってこんなもの購入しました。

すきまテープ(4ロール450トゥグルク)
「ほぉ、モンゴルにもすきまテープがあるのか」と、思わず感心してしまいました。

と、ゆーわけで、おそらくこういうことに慣れているだろうと思われる学生(地方出身者)に部屋の状態を見てもらいつつ、すきま風対策開始。

この学生と二手に分かれ、2つの部屋の窓をすきまテープで修繕していきます。

んで、作業もひと段落したころ、私の担当した窓を見た学生が「先生、テープの使い方が違いますっ!」と。

あれ?すきまテープって、こんな感じで「まどわく」に貼っつければ、窓を閉めたときに隙間が塞げるようになる…ていうシロものなんじゃなかったっけ?

…と思い、その学生が担当した窓の方を見ると…

…これって正しいの?
これじゃ、窓、開けられんでしょうが。(もっとも、真冬に窓を開けることもそんなにないとは思うけど)

…念のため、こっちの窓にも「自分流」のやり方ですきまテープ貼ったんですが、これで正しいんだよねぇ。


なんだかテープだらけになってしまいました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/60-96e32e4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。