シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇アリヒ

モンゴルのお酒の話です。

モンゴルには「アリヒ(архи)」という酒があります。アルコール度数40%もあるウォッカの一種なんですが、簡単に酔えるということでモンゴルのおっさんたちに好んで飲まれ、また、それだけではなく、パーティーなどの席には必ず登場し、宴の最中にはひとつの盃をみんなで順番にまわし飲みしたりもします。

しかしこのアリヒ、さすがにアルコール度数が高いだけあってかなり強烈なキック力を持っています。さほど酒を飲まない私などは最初の一杯目で顔がポカポカしてしまい、なるべく二杯目以降は盃がまわってきても舐めるだけでご容赦たまわってしまうか、口に含んで飲むフリをして別の器に吐き出す、もしくはそんな回りくどいことはせず、みんなが目を離したスキにそのまんまこぼしたりしています。

そんなモンゴル国民酒のアリヒに関して、
「大晦日から新年にかけて、某酒造メーカーのアリヒ(安物)にメチルアルコールが混入。それを飲んだ数名が命を落とす」
…という、不幸なニュースが新年早々モンゴル国内を駆け巡りました。

で、それからというもの、このアリヒは販売中止。店頭から完全に姿を消してしまいました。
しかし、ここでモンゴルは大徹底の姿勢を見せ、メチル混入が発覚したメーカーのものだけでなく、モンゴル国内で販売されている全ての酒造メーカーのアリヒが販売中止。どの店へ行っても酒販コーナーは写真のようにすっかり「がらん」としたものになってしまいました。
そんなわけで事件から1か月ほど経過しますが、いまだにアリヒを目にすることはありません。

食品偽装だ何だと騒いでいる日本も、もしここまで徹底していたら今ごろ日本には何も食べ物がなくなってしまっていることでしょう。

と、それはさておき、旧正月前にアリヒが飲めなくなってしまったモンゴルのおっさんたちはもちろん、これからが書き入れ時だというのに、黙ってても売れるモンが売れなくなってしまった酒造メーカーはかなりの痛手を被っていることでしょう。
しかし、これは旧正月を前にビクビクしていた私のようなアリヒ嫌いの人間にはありがたい限り。晴れ晴れとした気分で旧正月を迎えることができそう。

…などと思っていたんですが、つい先日、大学が旧正月休みに突入したその初日。外国語学部の先生方みんなで軽くパーティーをするということでその席に参加したところ………


どこからともなくアリヒ登場!(写真中央)
「あれ、まだアリヒ飲んじゃダメなんですよねぇ…」と言うと、「はい、でも内緒で飲みましょう」とのお返事。

そんなわけで教授室のドアのカギをかけて乾杯!

パーティーの最中、コンコンとドアをノックする音が聞こえるや否や、アリヒお酌係の先生がセーターの中にササッとアリヒのボトルを隠し、グラスを持って今まさに飲もうとしていた先生は前傾姿勢でテーブルの下にグラスを隠す。そしてドアを解錠。訪れた客人を室内に招き入れることもせず、ドア付近で用件だけ聞いて客人を追い返す!そして施錠、乾杯!

みんな、そこまでして飲みたいのね、アリヒ…。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/71-213eb96d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。