シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツァガーンサル

おひさしぶりです。モンゴルの旧正月の話です。

2月8日からの5日間、こちらはツァガーンサルと呼ばれるモンゴルの旧正月でした。
ツァガーンサルの1週間以上も前から、ザハ(市場)には正月用品が並び、街は旧正月準備をする人が大きな荷物を抱えて歩く姿が多く見られました。

私も一応それなりに旧正月に備えなければならないとは言われていたんですが、なにぶん初めてのことなので、何をどう準備すればいいのかもわからず、とりあえず肝に銘じなければならないことといえば、町中の店が閉まってしまう旧正月期間に「飢え死にしないための準備」だけは万全にしておく必要はありそう。

そんなわけでいつもより多めに食料品を買い貯めておくとともに、とりあえずツァガーンサル用にこんなモノも購入。
←ブーツとウェスタンハット

「帽子と靴は大切」と言われたので買いそろえておきました。
ブーツ28000トゥグルク(2800円)、帽子12000トゥグルク(1200円)で購入。

そして迎えた2月8日。
この日はツァガーンサル1日目。モンゴル人はたいてい家族親戚と正月を祝うということもあり、ヨソ者の日本人はお呼びでないということで、とりあえず何か面白いものでもないかと思い街に出ますが、人も車も少なく街はがらんとしていました。新品のデール(モンゴルの民族衣装)を着て歩いている人が街中にうじゃうじゃいるのかと思いきや、さすがに我が街エルデネットは新興の都市だけあってデールを着ている人は思ったほどの数ではありませんでした。
そんなわけで、この日はお呼びでない日本人同士でのんびり過ごすことに。

で、翌日。
日本人ボランティアの通訳をしているモンゴル人女性のお宅に朝からお邪魔しました。
まずは家長にあいさつ、そのあと家族一人一人にあいさつをし、旧正月前に市場解禁されたアリヒで乾杯。
モンゴルの祝いの席では、アリヒの乾杯を3回させられてしまいます。しかも、その合間には馬乳酒のまわし飲みもあります。で、さらにその合間に旧正月料理の定番「ボーズ(羊肉の蒸し餃子)」を勧められます。
左の写真は牛の胸の丸焼きを一人ずつ自分で切り分けているところです。家庭によって羊のお尻だったり、子羊だったりといろいろあって、これはその家庭(夫婦)がどれだけ長く続いているかによって変わってくるそうです。
そんなわけで酒や料理をいただき、みんなで歌を歌ったり話をして過ごし、最後にもう一度家長に挨拶をしたあとは食卓を一周しておいとまいたします。

おみやげにこんなのももらいました。
←パンのようなモノです。
どの家に行ってもこれが高く積み上げられ、その上にお菓子やアーロール(乳製品のお菓子みたいなもの)が盛られており、旧正月が明けてからこいつを食べるらしい。日本で言うところの「鏡餅」みたいなモンでしょう。

んで、それからの何日かはいろんな人のお宅に招待されたり、招待されてたけど「急に親戚のおじさんの家に行くことになってしまったのでまた今度」とか言われたり、そんな感じで旧正月の挨拶回りをしたりしなかったりして過ごしました。

このツァガーンサルの挨拶、だいたいどの家庭にお邪魔しても2~3時間ぐらいでおいとまするわけですが、その間に胃の中では酒とボーズと乳製品が渋滞を起こしてしまいます。
その場はなかなか興味深くて楽しいんですが、私のように酒があまり飲めない上に胃が萎縮しまっているビンボー人は、満腹感と眠気に襲われて終盤は意識がもうろうとしてしまうことがよくあります。

あ、最後に、ツァガーンサル用に買ったブーツとウェスタンハットがどんなふうに使われたかと言うと…

←こんな感じです。
デールは靴と帽子を買う1週間ぐらい前に買ってあったんですが、いろんな人に「デールも大事だけど、デールを着るときは帽子と靴も大事ですよ」と言われた結果、こうなりました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/73-c7b9a078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。