シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんご一週間・準備編

モンゴルの大学でのイベントの話です。

海外どこでも日本語を教えている機関、または日本と何らかの関わりがある教育機関などでは、規模の大小はあれ「日本語や日本文化などに関するイベント」みたいなものがよく開催されています。
私が勤めている大学も例外ではなく、日本語学科の学生たちが毎年春の雪融けとともに贈る一大イベントが行われます。

と、ゆーわけで…

去る3月25日から28日までの4日間、モンゴル国立大学オルホン分校の日本語学科がお贈りする「日本語週間」というイベントが開催されました。
そんなわけで、ようやく肩の荷も下りてちょこっとヒマになった今週、この「日本語週間」の模様を数回に分けてお伝えしていきます。

イベント開催前日、いつも通り行われた授業のあと、学生たちは夜遅くまで大学に残り、外国語学部が置かれている三階の廊下の装飾作業をしていました。
「いよいよ明日、開催されるのか」と、気合い十分の学生たち。

しかし………

ここまでの道のりはそれほど長くもなければ険しくもない、いたって平坦な短い直線道路でした。
……というのも、実は今回の日本語週間、日程が決まったのは1月中旬。折しも旧正月休み直前で、モンゴル人全員が旧正月前の「脳みそツルツル状態」。旧正月明けのことなど誰一人考えてはいなかったのです。

そんなわけで、「旧正月休みが終わって、大学の授業が始まったら話をつめていきましょう」ということになったものの、二月中旬、いざ旧正月休みが終わって大学に行くと、1か月にも及ぶ三年生の実地研修期間が始まってしまい、イベントの中核として後輩たちを引っ張っていかなければいけない三年生が本番の1週間前まで大学に来ないという事態が発覚。

とりあえず、私も含めた日本語教師三名でやれることだけやってしまい、あとは学生たちに任せるという形で「イベント内容とプログラムの決定」「日本語学科の全学生を学年に関係なく4つにグループ分け」「諸々決まったことを三年生以外の学生たちに告知」と、そこまでやったところで「あとは学生たちがそれぞれ三年生に連絡を取り、やるべきことをやってくれるはずです」と言うモンゴル人の先生の言葉を信じ、私も出しゃばったことはせず、助言としてちょこっと口を出す程度のスタンスで望むことにしました。

そんなわけで学生たちはそれぞれがマイペースに自分のやるべきことだけをやり、何か質問などがあるときはモンゴル人の先生の所へ行き、日本語に関するネイティブチェックが必要なときには私を訪ねて来るような感じで、さしたる緊張感もなく、いたって平和に淡々と準備が進んでいくのでありました。

そんなこんなで迎えたイベント開催前日の飾り付け。これに関しては私もまったくノータッチだったので、けっこう楽しみにしていたんですが………

←折り鶴です。
時間と手間をかけた割には「地味」でした。


つづく

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/78-cfd33f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。