シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性は見ないで下さい

夏です。

天気が悪く、曇り空の日はそれでも寒いんですが、とにかく夏になりました。お陽さまが出て風がない昼間は半袖で出歩けます。

そんな中、こちらは無事に大学の後期試験も終了して成績もつけ終わり、長い夏休みに突入。そんなわけで先週、一年間おつかれさまでしたということで外国語学部の先生方と1泊キャンプに行ってきました。

街をはずれて草原を駆け抜け、道なき道を突き進むこと2時間。どこかの山奥の川沿いにテントを張り、夜通し肉を食ったり酒を飲んだりしたんですが、そのキャンプの初日、街から山奥まで行く途中の草原でのこと。

←こんな感じの見晴らしのいい場所にあるゲルで車を止め、学部長のダンナがここに住む遊牧民となにやら話し始めました。
「道でも尋ねてるんだろうか…」などと思っていると、このゲルの住人が近所(たぶん1キロぐらい離れたところ)に見えるゲルまでバイクを飛ばして行き、ヒツジを一頭持って帰ってきました。
どうやら、今回のキャンプの食糧として買ったようです。

そんなわけで、その場で羊を刺し殺して肉にします。

モンゴルに来て初めてヒツジを殺して肉にする現場を見てしまったんですが、あまり気分のいいもんじゃないですねぇ…。仰向けに押さえつけられ、初めは抵抗していた羊が腹を切り裂かれると抵抗していた足が徐々に弱々しい動きになり、やがて羊の息が荒くなったかと思うとその息もだんだん弱くなっていき、内蔵がブチュっと飛び出て4本の足が「くた〜っ」となっていく様子なんて、もう見るに耐えない映像でした。

で、その後は内蔵を取り出したり血を抜いたり肉と皮を剥いだり、ていう作業が続くんですが、真っ赤な血が飛び散り、草食動物特有の「緑の腸」が飛び出し…ていう感じのグロテスクな光景が目に飛び込んで来ます。

とゆーわけで、グロテスク度満載ではありますが、羊の精肉の一部始終を披露いたします。衝撃的なシーンが多いので、画像は縮小して掲載いたします。



1)二人がかりで前足と後ろ足を押さえつけて腹部を切開。
2)完全に息絶えたところで皮を剥いでいきます。
3)皮を剥ぎ終わったら、腹部の穴を広げて内蔵を取り出し、血を洗い流します。
4)で、のどを切り開き、食堂をズルズルっと引っ張り出したら、最後に首をへし折って頭をもぎ取ります。

ちなみに、モンゴルでは女性は家畜を殺すところを見てはいけないそうです。学部長の娘(3歳)も興味津々で見たがっていたんですが、見るんじゃねぇーっと怒られていました。
…でもね、女性でなくても正直こんな現場は見るもんじゃないですよ。特に最終工程の(4)なんかヒドいです。食欲なくなります。これを見たあと市場の肉売り場とか行くと「うえ…」てなります。

んで、この殺したての羊はこのままこの日の野営地へ持っていき、みんなでおいしくいただくことになるんですが、最終的にこんな感じになリました。

「肉のなる木」ではなく、表面を乾かしてるところです。

コメント

そうなんですか?

「女性は見ないで下さい」というので、
てっきりモンゴル版エロサイトの紹介かと
思いました。

いや、真面目な話、モンゴルにおける
その辺の「開放度」はどうなんでしょう?

ま、その話はまたいずれということで、
本題ですが・・・

「女性は羊の解体を見てはいけない」
そんなタブーがあるとは知りませんでした。
キルギスではむしろ、「腸の洗浄は女の
仕事」と決まってるようでしたが。

あと、イスラム式屠殺法では喉を一気に
掻き切るのに対し、モンゴルでは胸に
手を入れて大動脈を握り血流を止める
と聞きましたが、そうでしたか?
血も捨てないで腸詰にするとも聞きましたが
(イスラムでは血は食べてはいけないらしく、
しっかり血抜きしてます)?

モンゴル、カザフ、キルギス、一見似た者
同士ですが、いろいろ違いがあるんですね。

  • 2008/06/17(火) 15:56:01 |
  • URL |
  • すなしん #-
  • [ 編集]

そうなんです

モンゴルでは、女性は家畜の屠殺を見ることができず、その間みんな酒を飲んでいました。

殺すときはたしかに胸(というか腹)にナイフを入れ、内蔵をつぶさないように慎重に腹の中に手を入れてなにやらゴソゴソやってましたね。それから、やはり血は腸詰めにするらしく、しっかりバケツに入れて保管していました。

ついでに、モンゴルでは家畜の血で草原を汚してはいけないので、慎重に血を絞り出さなければなりません。

なんかいろいろあるんですねぇ。

  • 2008/06/18(水) 18:42:57 |
  • URL |
  • ひろ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/94-925e3cb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。