シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菌のある生活・後編

前回の続きです。

モンゴルのヨーグルトがこの時期一番ウマいということで、このヨーグルトを培養する実験に取りかかりました。日本でもカスピ海ヨーグルトなるものがヨーグルト通の間で流行しましたが、このカスピ海ヨーグルトというのは、大さじ一杯程度のヨーグルトを「株」にして、それに牛乳を混ぜることでヨーグルト菌を繁殖、で、さらにそれをまたスプーン一杯程度を残して……というように、無限に増殖させてヨーグルトを作り続けることができるモノ。
それに、納豆菌なんかも、納豆1パックと大豆があればいくらでも納豆が増やせるし、その容量でモンゴルのヨーグルト菌も増やそうと思えばいくらでも増やせるのではないか、と思い、早速実験開始です。


スプーン一杯程度のヨーグルトを容器に入れ、そこに牛乳を流し込んでよく混ぜる。んで、蓋をしてこれを常温で数時間そのまま保存しておくと……

……残念ながら実験失敗です。ヨーグルトにはならず、ただ「ヨーグルトを混ぜた牛乳」にしかなりませんでした。

でも、この「ヨーグルトを混ぜた牛乳」、酸味の強いヨーグルトに乳臭い牛乳が混ざり合うことで、牛乳のまろやかさがヨーグルトの酸味を抑え、ヨーグルトの酸味が牛乳の乳臭さを消し、程よい感じのヨーグルトドリンクになってくれたので、これはこれでよしとすることにします。
インドの「ラッシー」みたいな感じでウマいです。

しかし、ここで満足してはいけません。あくまで今回のこの実験の最終目標は「ヨーグルト菌の培養」。
そんなわけで、頭をひねります。

……そういえば、会話の授業で「モンゴル料理の作り方」を発表させたとき、「乳製品の作り方」について話した学生が「ヨーグルトを作るには酵母菌を入れた生乳を沸騰させる」みたいなことを言ってたような…ということを思い出し、牛乳を沸かしてみることにしました。


んで、あとは同じようにスプーン一杯程度のヨーグルトを容器に入れ、沸かした牛乳を流し込み、よく混ぜて密閉。常温で数時間保存しておきます。すると…


このとおり!ヨーグルトになりました。

しかし………

考えてみればモンゴルでは牛乳もヨーグルトもたいして値段が変わらないので、必死になってこんなことする意味はあまりないのです。

ちなみに、最初のヨーグルト作りで「ラッシー風味」のヨーグルトドリンクが出来上がってしまったときに、あることに気がつきました。
ラッシーと言えばインド、インドと言えばカレー、そしてカレーと言えば「ナン」。……ということで、いつも作っているパン生地にヨーグルトを入れて練り込んでみます。(右写真)

すると……
「ナン」完成。

モンゴルにおいてイースト菌とヨーグルト菌の華麗なるコラボが実現しました。

コメント

全然本文と関係ないんですけど・・・

元(いつのまにか元になっていた)
旭鷲山当選のニュースは日本にも
届いております。
そんなに人気あるんですか?

将来、朝青龍や白鵬も立候補して、
ややこしいことになりそうですね。

  • 2008/07/02(水) 12:31:09 |
  • URL |
  • すなしん #-
  • [ 編集]

とか呑気なこと書いてしまいましたが、
さっき入ったニュースでは、フジテレビの
記者の方が、投石を受けて頭に重傷を
負ったとのことです。

エルデネットが引き続き平和であることを
祈ります。

  • 2008/07/02(水) 14:03:19 |
  • URL |
  • すなしん #-
  • [ 編集]

いやぁ~、ウランバートルは遂に非常事態宣言です。テレビも今朝から国営放送しかやってません。なんかUBは混沌としてるようです。

が、エルデネットはそんなこと微塵も感じさせないほど平和ですよー。

  • 2008/07/02(水) 17:38:53 |
  • URL |
  • ひろ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/97-4b041eb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。